XMenu

なでしこ、3戦全敗 豪に0−2 サッカー4カ国対抗

スポーツ

2018年8月3日 夕刊

オーストラリア戦の前半、ゴール前に攻め込む中島(左)=ブリッジビューで(共同)

 【ブリッジビュー(米イリノイ州)=共同】女子の国際親善大会、4カ国対抗は2日、当地で行われ、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング6位の日本代表「なでしこジャパン」は同8位のオーストラリアに0−2で敗れ、3戦全敗に終わった。オーストラリアは2勝1分け。日本は前半、細かいパス回しで攻撃のリズムをつくったが、ゴール前には進入できなかった。0−0の後半2分、ケネディのFKが壁の間を抜けてゴール左隅に吸い込まれて失点。同36分にはパスを奪われ、速攻から追加点を許した。

 米国がブラジルを4−1で破り、優勝した。

◆4人交代 後半失速

 4月のアジア・カップ決勝で破ったオーストラリアに後半の2失点で屈し、「なでしこジャパン」の選手はピッチ上で立ち尽くした。3戦全敗で大会を終え、高倉監督は「非常に悔しいし、情けないし、本当に申し訳ない結果」と口にした。

 負傷者や出場停止などでお互いにベストメンバーを組めない中で、前半は日本がボールを圧倒的に保持し右MFの中島の飛び出しやFW横山のドリブルで攻撃の糸口はつくった。だが選手間の連係が乏しく、肝心のペナルティーエリアまで進入できない。横山と2トップで先発した田中が「ゴール付近でもうちょっとパス回しができれば良かった」と振り返るように、遠目からのシュートに終始し、脅威にはならなかった。

 4人を入れ替えた後半早々に失点し、反撃を試みた直後にパスミスを突かれて2点目を献上した。昨年の同大会よりも手応えを得たと話す選手もいたが、主将を務めた鮫島は「うまくいっている、チャンスがあるなという試合でもふたを開けてみたら結局負けている。相手が何枚も上手だったという大会」と結果を重く受け止めた。 (共同)

 

この記事を印刷する