XMenu

山田哲 初サイクル打 九回、快足飛ばし三塁打

スポーツ

2018年7月10日 朝刊

9回ヤクルト1死一塁、山田哲が右翼に適時三塁打を放ち、サイクル安打を達成=静岡で

◇巨人8−5ヤクルト

 巨人は2−2の七回に陽岱鋼の適時三塁打、吉川尚の適時打、マギーの3ラン、岡本の16号ソロで一挙6点を勝ち越した。ヤングマンは6回2失点と粘り2勝目を挙げた。ヤクルトは救援陣が打ち込まれ、反撃も及ばず6連敗を喫した。

 最後まで諦めない姿勢が快挙につながった。ヤクルトの山田哲が九回に三塁打をマークし、初のサイクル安打を達成した。チームが6連敗を喫し表情は緩まなかったが「達成できたのはすごくうれしいと思う」と素直に喜びを口にした。

 一回の単打、「感触は良かった」という五回の18号2ラン、七回の二塁打は全て引っ張って左方向へ運んだ。

 だが、5点を追う九回1死一塁では「本塁打を打っても同点にはならない。一番すべきことはつなぐこと」と逆方向を意識し、谷岡の速球を右へはじき返した。突っ込んだ右翼手の長野が捕球できずに打球が転々とする間に快足を飛ばして一気に三塁に到達した。

 「自分が打たないとチームが負けるという自覚はある」と連敗中のチームを鼓舞した。打率3割、30本塁打、30盗塁の「トリプルスリー」をプロ野球史上初めて2度記録した逸材がまたも球史に名を刻んだ。

 カラシティーの話(6回2失点)「一回は不運もあったし、うまく打たれたところもあった。その後はチームが波に乗れるようにしっかりと投げられた」

 ◆プロ野球66人目 ヤクルトの山田哲人内野手は9日、巨人12回戦(草薙)でサイクル安打を達成した。プロ野球66人目(71度目)で、セ・リーグでは33人目(36度目)。山田哲は一回に左前打、五回に本塁打、七回に二塁打、九回の第5打席で右翼へ三塁打を放った。

 

この記事を印刷する