XMenu

世界スピードスケート500で日本女子初V 小平奈緒選手に中日体育賞

お知らせ

2017年9月22日掲載

 優れたアマチュア選手に贈る第32回中日体育賞は、選考委員会で協議の結果、今年2月のスピードスケート世界距離別選手権500メートルで日本女子として初めて個人種目で優勝し、同じく2月の世界スプリント選手権で日本女子として初めて総合優勝に輝いた小平奈緒(こだいら・なお)選手(相沢病院)に決定しました。贈呈式は9月29日、長野市内で行います。

 東京新聞

 

この記事を印刷する