XMenu

新政府専用機がやってきた 北海道に到着、運用試験へ

政治

2018年8月17日 夕刊

航空自衛隊千歳基地に到着した新政府専用機のボーイング777−300ER=17日午前

 来年度に導入される新政府専用機が十七日朝、運用拠点となる航空自衛隊千歳基地(北海道千歳市)に到着した。新専用機はボーイング777−300ERで、予備機を含む二機を導入予定。うち一機が機体の調整を終えてスイスから飛来し、同基地で運用試験や乗務員の訓練などを進める。

 午前八時前、主翼と尾翼に日の丸が描かれた新専用機が、千歳基地に隣接する新千歳空港の滑走路に着陸。機体側面に赤い曲線をあしらったデザインを披露しながら基地へ移動した。

 政府専用機は皇室や首相の外国訪問などに使われる。一九九三年から運用されてきた現行機は、ジャンボ機の愛称で知られるボーイング747で、本年度での引退が決まっている。

 

この記事を印刷する