XMenu

LGBTに「生産性ない」 自民、杉田議員を指導

政治

2018年8月2日 夕刊

杉田水脈衆院議員

 自民党が、性的少数者(LGBT)への行政支援に疑問があると寄稿した同党の杉田水脈(みお)衆院議員(比例中国ブロック)に対し「問題への理解不足と関係者への配慮を欠いた表現がある」と指導したことが二日、分かった。一日付の党ホームページ(HP)に掲載した。同党が議員の問題発言などを巡って見解を表明するのは異例。

 世論の批判の広がりを意識したとみられる。先月二十七日には党本部前で杉田氏に抗議するデモが行われている。

 自民党HPはトップページに「LGBTに関するわが党の政策について」と載せた。LGBTへの差別解消策を党の特命委員会で検討し、議員立法提出を目指していると活動を紹介。杉田氏の寄稿に対しては「個人的な見解」としつつ問題点を挙げ、「今後、十分に注意するよう指導したところです」とし、党の立場に理解を求めた。

 杉田氏は寄稿で、子どもをつくらないLGBTを「生産性がない」などと言い切り、行政支援の必要性に疑問を挟んだ。

<LGBTを巡る杉田氏寄稿> 自民党の杉田水脈衆院議員が7月18日発売の月刊誌「新潮45」で、LGBTに対する行政支援を疑問視した寄稿。「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるのか。彼ら彼女らは子どもをつくらない、つまり『生産性』がない」と持論を展開した。野党は「ナチスの優生思想に通じる」などと批判。一方、自民党の二階俊博幹事長は「政治的立場はもとより人生観もいろいろある」と静観の構えを見せていた。

 

この記事を印刷する