XMenu

石破氏「幾晩も寝られない」 出馬判断巡る 苦しさを吐露

政治

2018年7月29日 朝刊

 自民党の石破茂元幹事長は、二十七日付の自身のブログで、自民党総裁選について、過去に立候補し敗れた経験を踏まえて「立候補するか否かという決断は、本当に幾晩も寝られない懊悩(おうのう)が続く苦しいものだ」と打ち明けた。

 故中川一郎元農相が総裁選敗北後に自殺したことも挙げて「その恐ろしさをまざまざと感じた」としている。

 岸田文雄政調会長が総裁選不出馬を表明したことに関し、「『岸田派は人事で干しあげるべきだ』などという声が主流派幹部から発せられているとの報道がある」と指摘。「本当だとすれば、なんと傲慢(ごうまん)で不遜なことか。自民党は一部のみの政党ではない。党員すべてのものだ」と訴えた。 (中根政人)

 

この記事を印刷する