XMenu

「カジノ」審議に国交相張り付き 豪雨被害拡大する中 6時間

政治

2018年7月11日 朝刊

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案は、十日の参院内閣委員会で実質審議入りした。法案を担当する石井啓一国土交通相について、野党は「西日本豪雨の対応に専念すべきだ」と同日の審議中止を求めたが、同法案成立を目指す与党が審議時間を積み上げるため開催に踏み切った。石井氏は被災地で深刻な被害が拡大する最中に昼休みを挟んで六時間、法案審議に張り付きとなった。

 委員会で野党側は、石井氏が同法案審議に出席していることを非難。国民民主党の礒崎哲史氏は「今も新たな災害が発生していて、予断を許さない」と指摘。日本維新の会の清水貴之氏も「国交相が委員会に出席しても、復旧作業に支障が出ない根拠を示してほしい」とただした。

 石井氏は、国会からの求めで出席していることを強調。「災害対応は委員会出席中も秘書官から連絡を受けていて、必要な指示を速やかに行う態勢を確保している」と説明した。

 立憲民主党の辻元清美国対委員長は、十日の党会合で「国交相は(災害対応の)陣頭指揮を執るべきだ。人命第一と言いながらカジノ第一。本当にあぜんとしている」と政府・与党の姿勢を批判した。 (中根政人)

 

この記事を印刷する