XMenu

自民・穴見議員 がん患者に「いいかげんにしろ」 受動喫煙対策 審議中にやじ

政治

2018年6月22日 朝刊

 受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案の審議中、がん患者が参考人として発言した際に、自民党の穴見陽一衆院議員(48)が「いいかげんにしろ」などとやじを飛ばしたことが二十一日、分かった。穴見氏は同日、謝罪のコメントを発表した。衆院厚生労働委員会の高鳥修一委員長は穴見氏を厳重注意し、参考人に謝罪文を送ることを決めた。

 コメントで穴見氏は「不快な思いを与えたとすれば、心からの反省とともに深くおわびする」と謝罪した上で「喫煙者を必要以上に差別すべきではないという思いでつぶやいた」と説明した。

 十五日の衆院厚労委で、日本肺がん患者連絡会代表の長谷川一男さんが、屋外の喫煙場所の在り方を語った後、やじをした。長谷川さんは「招かれた場でやじを浴びせられ、悲しく残念な気持ちになった。命に関わる問題を議論する場なのに、議員としての資質が問われる」と取材に語った。

 穴見氏は大分1区選出で、ファミリーレストランを展開する「ジョイフル」代表取締役相談役。大分がん研究振興財団理事も務める。改正案は、客席面積百平方メートル以下の既存飲食店で喫煙を例外的に認めたが、野党やがん患者らは「規制が骨抜きになる」と反発する。ジョイフルのような大手チェーンは面積にかかわらず禁煙となる。

 受動喫煙対策を巡っては、昨年五月の自民党会合で、大西英男衆院議員(東京16区)が「(がん患者は)働かなくていい」との趣旨のやじで、党東京都連副会長を辞任した。自民党では、穴見、大西両氏を含む二〇一二年初当選組は失言や不祥事が多い「魔の三回生」と呼ばれる。

 

この記事を印刷する