XMenu

【政治】

 民進党は12日午前、党の再生策を議論する「党の戦略・組織・運営に関する改革本部」会合を党本部で開いた。大塚耕平代表が選択肢として、解党した上での新党結成や、他党との合流、党名変更などを提示した。幹部がそろう13日の常任幹事会に諮る。関係者が明らかにした。 10月…(12月12日 12:55) [→記事全文へ]

[写真]

 民進党の再生策を協議する「党の戦略・組織・運営に関する改革本部」に臨む(左から)増子幹事長、大塚代表ら=12日午前、東京・永田町の党本部

 

紙面からのニュース

 民進党の大塚耕平代表は十二日午前、党再生の道筋を議論する「党の戦略・組織・運営に関する改革本部」の会合で、参院議員主体の同党をいったん解党し、衆院議員も含めた希望者で新党をつくる「解体新党」案を含めた党再生案を提示した。(12月12日 夕刊) [→記事全文へ]