XMenu

北海道地震 震度データ、多数入らず

社会

2018年9月6日 夕刊

 六日の北海道の地震では発生直後、震度計のデータが気象庁に入電せず、震度不明となるトラブルが続出。「震度5弱以上」とみられる所だけでも、未入電は十七カ所に上った。うち震度6強とみられる所が一カ所、6弱とみられる所が三カ所。データの入手には現地調査が必要で、気象庁は「震度6強の地点が今後増えるか、震度7の地点が出る可能性もある」とした。

 原因は停電や通信障害の可能性があるが、不明。こうした震度データの途絶はしばしば起きており、二〇〇四年の新潟県中越地震では同県川口町(現長岡市)の震度計がダウンし、一週間後に震度7と判明。一六年の熊本地震でも、二度目の震度7(益城(ましき)町、西原村)が判明したのは四日後だった。

 震度データは防災の初動に欠かせず、余震活動の観測でも必要。非常用電源や通信回線の増強が課題となっていた。

 入電データで震度6強の安平(あびら)町は、計測震度と呼ばれる生の数字が「6・4」。6・5だと震度7になり、今回はその寸前だった。震度計がない所の揺れも推定した分布図では、安平町と千歳市に震度7相当とみられる地域があるという。

 地震のメカニズムは、東北東と西南西から地盤を圧縮する力が働く逆断層型。陸や海のプレート(岩板)境界が滑る地震ではなく、内陸直下で断層がずれ動いた地震とみられる。周辺では「石狩低地東縁(とうえん)断層帯」と呼ばれる南北に走る活断層の集まりが知られているが、気象庁は「震源から西に十キロほど離れており、関連は不明」としている。(宇佐見昭彦)

 

この記事を印刷する