XMenu

東京医大不正入試で受験生ら相談会 受験料返還求める声も

社会

2018年8月26日 朝刊

 女子受験生の合格を抑制するなどしていた東京医科大の不正入試問題を受けて結成された対策弁護団の有志らが二十五日、無料の電話相談会を開催した。

 受験生や保護者らから「女性差別を知っていたら受験しなかった」などの指摘が寄せられた。「悔しい」と電話口で泣きだす過去に受験した女性や「許せない」と話す医学部を目指す女性の浪人生もいたという。

 相談を担当した弁護士によると、約三時間で五十五件の電話があった。大学側が入試の成績を開示することや、受験料や交通費などの返還を求める声が多かった。追加合格を出してほしいとの要望もあった。

 弁護団は、相談の内容を詳しく分析し、今後の対応を検討する。

 

この記事を印刷する