XMenu

菅井きんさん死去 92歳 必殺シリーズで「婿殿!」

社会

2018年8月23日 夕刊

 時代劇「必殺」シリーズなど、テレビや映画の名脇役として親しまれた俳優の菅井(すがい)きん(本名佐藤(さとう)キミ子)さんが十日、心不全のため死去した。九十二歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は女婿の三上登(みかみのぼる)さん。

 戦前は文部省、東京帝国大の職員として勤務。戦後、東京芸術劇場研究生となり、一九四七年に初舞台を踏んだ。

 庶民の味を出せる貴重な脇役として活躍し、黒沢明監督の「生きる」「赤ひげ」や本多猪四郎(いしろう)監督「ゴジラ」、川島雄三監督「幕末太陽伝」など数多くの映画に出演。「必殺」シリーズの「必殺仕事人」では、藤田まことさんが演じる中村主水(もんど)のしゅうとめを演じ「婿殿!」のせりふで人気を得た。

 八五年に映画「お葬式」などで日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受けた。二〇〇八年の「ぼくのおばあちゃん」では八十二歳で映画初主演を果たした。

 他の出演作にNHK大河ドラマ「いのち」、同連続テレビ小説「瞳」、舞台「三ちゃんと梨枝」「金時きつね」など。一九九〇年紫綬褒章、九六年勲四等宝冠章。

 

この記事を印刷する