XMenu

モネ展、来場10万人 横浜美術館

社会

2018年8月18日 朝刊

逢坂恵理子館長(左)から10万人突破の記念品を受け取った芝田智代子さん(右)と力君=17日、横浜市西区の横浜美術館で

 印象派を代表するフランスの画家クロード・モネ(一八四〇〜一九二六年)らの作品を集め、横浜市西区の横浜美術館で開かれている「モネ それからの100年」展(東京新聞など主催)の来場者が十七日、十万人を突破した。

 十万人を超えたのを記念し、同日午前に来館した相模原市南区の芝田智代子さんと力(りき)君(7つ)の親子に、逢坂恵理子館長からオリジナルグッズなどが贈られた。芝田さんは、以前に訪れた展覧会で見たモネの作品が心に残っていたといい、「子どもが大きくなったら本物の絵画を見せようと思っていた。今日初めて連れてきました」と話した。

 同展は九月二十四日まで。観覧料は一般千六百円、大学・高校生千二百円、中学生六百円、小学生以下無料。木曜休館。問い合わせはハローダイヤル=電03(5777)8600=へ。

 

この記事を印刷する