XMenu

米海兵隊のオスプレイ2機、緊急着陸 奄美空港と嘉手納基地 

社会

2018年8月15日 朝刊

 十四日午後、米海兵隊輸送機MV22オスプレイが、鹿児島県の民間の奄美(あまみ)空港(奄美市)と沖縄県の米軍嘉手納(かでな)基地(嘉手納町など)に相次いで緊急着陸した。いずれも原因は分かっておらず、けが人の情報はない。防衛省九州防衛局と政府関係者が明らかにした。奄美の一機は米海兵隊普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)所属。嘉手納基地の一機も同じ所属の可能性がある。

 奄美空港へは午後五時二十分ごろ緊急着陸し、約二時間後に離陸。嘉手納基地に午後五時五十分ごろ緊急着陸した機体は、離陸後の午後七時ごろ普天間飛行場に着陸した。

 米側は、奄美への着陸に関し、コックピットの警告灯が点灯したためだと説明。最も安全な方法で着陸し、けが人も機体の損傷も無かったと強調した。

 九州防衛局によると奄美空港では民間機に最大二十五分の遅れが出た。福岡航空地方気象台によると、奄美空港周辺の緊急着陸時の天気は晴れだった。

 

この記事を印刷する