XMenu

日立で火災、妻子か6人死亡 殺人容疑で男逮捕

社会

2017年10月6日 夕刊

火災で、1階の部屋から遺体が見つかった県営アパートを調べる警察官ら=6日午前10時14分、茨城県日立市田尻町で、本社ヘリ「おおづる」から(淡路久喜撮影)

 六日午前五時ごろ、茨城県日立市田尻町二、三階建て県営アパートで火災があり、一階の部屋で男児とみられる四人と成人女性一人の遺体が見つかった。ほかに女児も搬送先の病院で死亡が確認された。この部屋に住む男が「自宅に火を付けた」と日立署に自首。女児に複数の刺し傷や切り傷があったため、署は女児への殺人容疑で自称会社員小松博文容疑者(32)を逮捕した。

 県警によると、亡くなったのは小松容疑者の妻(33)と長女(11)、長男(7つ)、次男(5つ)、双子の三男(3つ)と四男(3つ)とみられ、確認を進めている。長女以外の五人の遺体はいずれも同じ和室で見つかった。小松容疑者もやけどを負っているという。

 逮捕容疑は同日午前四時半ごろ、自宅で女児を殺害したとされる。捜査関係者によると、小松容疑者は妻子六人の殺害をほのめかす供述をしているという。

 地元消防によると、消防車や救急車など約十台が出動し、午前五時五十分ごろ鎮火した。同じアパートの住人によると、妻子は約三年前に引っ越してきて、小松容疑者も後に一緒に暮らすようになった。小松容疑者の勤務先によると、今週は妻の病気を理由に出勤していなかった。

 

この記事を印刷する