XMenu

<法律お助け隊 滝沢香弁護士> 夫と別居中、自宅が売りに…

悩みの小部屋

2018年3月3日

<お悩み> 1年前に夫の女性関係が原因で自宅を出て、別居しました。生活が落ち着いてから離婚の話をしようと思っていたところ、妹から自宅が売りに出ていると連絡がありました。自宅の名義は夫で、ローンはわずかに残っていますが、売ればローンを返してもお金が残るはずです。そのお金は夫のものになりますか。今からできる対策はありますか。 (東京・契約社員 47歳)

◆財産分与の請求可能

<お答え> 既に離婚することを決めておられるようなので、結婚中に築いた財産の分与と、夫の不貞についての慰謝料を検討することになります。慰謝料は夫と女性に請求できます。

 別居時にあった預貯金などは、結婚前にためたものや相続で取得した分を除き、いずれの名義であっても財産分与の対象となります。

 自宅も夫だけの名義でも、結婚後に購入した不動産であれば、夫婦の共有財産になります。

 財産分与については、原則としてあなたにも二分の一を受け取れる権利があります。自宅を売却し、ローンなどを清算して残ったお金は、夫婦で配分すべき財産です。

 しかし夫名義だと、夫はあなたの同意を得ずに売却することはできます。

 残ったお金を相手が使ってしまう可能性があるようでしたら、裁判所で仮差し押さえの手続きをとったほうがいいかもしれません。慰謝料請求権や財産分与請求権に基づいて、不動産を仮に差し押さえます。登記もされますので、売却は止められます。

 裁判所は、あなたの申し立てと一定の資料で命令を出します。事情によりますが、ローン残額を差し引いた不動産の価値なども踏まえて、請求金額の5%から20%程度の保証金を用意する必要があります。保証金は解決した時に戻ってきます。

 あなたの収入などにもよりますが、各地にある法テラス(日本司法支援センター)で弁護士費用の立て替えと保証金の支払いを保証してもらう手続きを使える場合もあります。早急に弁護士と相談をなさってみてください。

 

この記事を印刷する