XMenu

座間市、危険ブロック塀撤去 費用補助制度創設へ

神奈川

2018年8月26日

 大阪府北部地震でブロック塀が倒壊して女児が死亡した事故を受け、座間市は倒壊の恐れがあるブロック塀の撤去費の補助制度を創設する。十月一日に受け付けを始める。

 対象は高さ二・二メートル超や厚さ十センチ未満、目視でひび割れや傾きを確認できるブロック塀など。補助率は小学校の通学路が四分の三(上限十五万円)、それ以外は半額(同十万円)。市は本年度、五十件の申請を見込み、事業費五百七十五万円を盛った補正予算案を市議会九月定例会に提出する。 (曽田晋太郎)

 

この記事を印刷する