XMenu

<夏の甲子園>慶応、きょう高知商と対戦 鍵握る打線 主砲に期待

神奈川

2018年8月12日

慶応の広瀬隆太選手(1回戦の中越戦から)=甲子園球場で

 夏の甲子園の1回戦で中越(新潟)に3−2でサヨナラ勝ちし、勢いに乗る慶応(北神奈川)は、大会8日目の十二日、第4試合で高知商と対戦する。前の試合で14点を奪って打ち勝った相手に森林貴彦監督は「最後は紙一重のプレーが勝敗を分ける。コンディションを整えて臨みたい」と意気込む。

 夏の県大会で6試合72安打50得点だった慶応打線は、1回戦では調子を上げられず、7安打3得点に終わった。まだ安打のない4番広瀬隆太選手(二年)は「次も接戦になると思う。今度は勝負を決める1本を出したい」と気合十分だ。九日の練習ではフリーバッティングで柵越えを連発していた。

 投手陣は大舞台で盤石の試合運びをした。エース生井惇己投手(三年)は八回途中まで投げ、2失点で試合をつくり、継投した渡部淳一投手(同)は無失点で抑えた。「県大会から慌ただしくて疲れていた初戦と違い、次戦は十分な休息が取れる」と森林監督も自信をみせる。

 12年ぶり23回目の出場の高知商は切れ目のない打線が特徴。森林監督が「自由にさせたくない」と警戒するのは2番西村貫輔選手(一年)だ。1回戦では勝ち越しの適時打を含む3打数3安打の活躍をみせた。

 エースは県大会全4試合を一人で投げ抜いた北代真二郎投手(三年)。初戦は12失点しながらも粘りの投球で完投した。指揮官は「球種で絞らず、甘い球を仕留められるかが重要」と話し、「選手には『1回勝って満足か? もっと上を目指そう』と発破を掛けている。1戦目のように厳しい展開でも最後に勝ちきる試合をしたい」と展望を語った。(鈴木弘人)

 

この記事を印刷する