XMenu

<夏の高校野球>横浜、鎌倉学園に快勝 3年連続の甲子園切符

神奈川

2018年7月30日

3年連続夏の甲子園出場を決め喜ぶ横浜ナイン=横浜スタジアムで

 第100回全国高校野球選手権記念神奈川大会は二十九日、横浜スタジアムで南大会の決勝が行われ、横浜が鎌倉学園に7−3で快勝し、3年連続18回目の夏の甲子園(八月五日開幕)出場を決めた。三十日は慶応対桐光学園の北大会決勝が午前十一時から同スタジアムである。 (鈴木弘人)

 秋季、春季大会に続く三回目の対決。秋は鎌倉学園、春は横浜がそれぞれコールド勝ちした。

 横浜は一回表、1番小泉龍之介選手(二年)、2番山崎拳登(けんと)選手(三年)の連打で1死一、二塁のチャンスをつくり、4番万波中正選手(同)の2点適時二塁打で先制した。

 三回表に無死二塁から万波選手が左翼スタンド上段に特大の2点本塁打を放つと、生徒やOBらが集まる一塁側スタンドのボルテージは最高潮に。応援団長の和田健太郎さん(同)は「打ってくれると思っていた。このまま点差を広げて勝ってほしい」と話した。

 投手陣も奮闘。先発したエース板川佳矢(よしや)投手(同)らが要所を締め、八回まで無失点に抑えた。九回に意地を見せた鎌倉学園に3点を返されるも、その後に登板した及川(およかわ)雅貴投手(二年)が好救援。最後の打者を三直に打ち取ると、横浜ナインはマウンドに駆け寄って抱き合い、喜びを爆発させた。

◆監督・主将談話

<横浜・平田徹監督> 3年連続の甲子園は感無量。最終回の失点は課題。甲子園も一戦必勝で戦っていきたい。

<同・斉藤大輝主将> 初回から圧倒できたが、最終回は勝ちを焦った。100回記念の甲子園で優勝校として横浜の名を刻みたい。

<鎌倉学園・竹内智一監督の話> 甘い球を逃さない相手の打線はさすがだった。最後まで諦めずに戦った選手たちをたたえたい。

<同・西畑侑飛主将の話> 横浜はピンチ、チャンスでの集中力が高かった。一、二年には甲子園に行ってほしい。

 

この記事を印刷する