XMenu

「灯ろう流し大会」今回で幕 29日に高津区民祭

神奈川

2018年7月26日

2016年の高津区民祭で行われたおみこしパレード=高津区で(同祭実行委員会提供)

 川崎市高津区の区民祭が二十九日、同区の大山街道を会場に行われる。区民祭の一環で開かれてきた「二ケ領用水溝口灯ろう流し大会」は今回が最終回。主催する実行委員会は足を運んでほしいと呼び掛けている。 (安田栄治)

 区民祭は午後一時半から同七時半まで、大山街道一帯(二子橋坂下−栄橋交差点付近)で開かれる。

 パレードは午後二時から高津スポーツセンターから同交差点の間で繰り広げられる。市消防音楽隊や洗足学園音楽大学マーチングバンド、おみこし、かつての大山参りの習慣だった太刀を納める姿を再現した「納太刀(おさめだち)」などが登場する。

 市内に住み、今年五月に亡くなった歌手・西城秀樹さんのヒット曲に乗り、沿道のお客さんも一緒に踊る催しも用意されている。川崎西ロータリークラブが企画した。そのほか各種イベントや出店もある。

 灯ろう流しは午後七時から、市男女共同参画センター(すくらむ21、同区溝口二の二〇の一)近くの二ケ領用水で行う。灯ろうは同六時半から約百五十個(一個五百円、飲み物付き)を販売する。

 灯ろう流しは、川崎の歴史遺産ともいえる二ケ領用水に感謝し、一九九〇年から開かれてきた。しかし実行委員会のメンバーの高齢化もあり、手作りの灯ろうを用意することなどが難しくなったため、平成の時代が終わるのを機に終了することにしたという。

 区民祭の問い合わせは実行委員会=電044(844)7778=へ。

 

この記事を印刷する