XMenu

<夏の高校野球>藤嶺藤沢が投打で圧倒

神奈川

2018年7月22日

湘南学院−藤嶺藤沢6回を投げて9三振を奪う好投を見せた矢沢選手=相模原球場で

 高校野球神奈川大会は二十一日、南大会の4回戦8試合を行った。藤嶺藤沢は第1シードの湘南学院に七回コールドで勝ち、準々決勝に駒を進めた。横浜、金沢、鎌倉学園の第1シード勢は順当に勝ち上がり、星槎国際湘南は横浜商との接戦をものにし、初の8強に進出した。

 藤嶺藤沢はエース矢沢宏太投手(三年)の活躍などで、湘南学院を投打で圧倒した。一回、内野安打で出塁した走者を五番須田敬人選手(同)の適時打で返すなど2点を先制し、相手のミスにも乗じて三回までに5点を追加。矢沢投手が三回に2点を失うも六回まで9三振を奪う好投を見せた。

 二十二日は北大会の4回戦8試合が組まれている。 (鈴木弘人)

 

この記事を印刷する