XMenu

さあ相手決まった 54チームが抽選会 県学童軟式野球

神奈川

2018年7月21日

組み合わせ抽選会で番号札を引く選手(中)=横浜市中区で

 東京新聞旗争奪・県学童軟式野球選手権大会の抽選会が二十日、横浜市中区の労働会館プラザで開かれた。県内各地区の予選を勝ち上がった五十四チームの主将らが参加し、初戦の相手が決まった。

 主将らは一人ずつ箱から番号札を取り出し、自らチーム名と番号を大きな声で読み上げた。選手宣誓を引き当てたのは並木メッツ(金沢区)の斉藤龍主将(11)。「コーチやお父さん、お母さんに感謝を伝えたい。自慢のチームワークで優勝目指して頑張ります」と意気込みを語った。

 大会は八月十日に横浜スタジアムで開会式があり、十一〜十六日に境川遊水地公園少年球場など県内四会場で熱戦を繰り広げる。     ◇

 大会の組み合わせ表と参加チームの選手名簿を掲載した特集紙面は八月八日朝刊に掲載します。 (鈴木弘人)

 

この記事を印刷する