XMenu

猫が癒やし 発想柔軟に? 横浜の猫カフェ 貸し切りサービス

神奈川

2018年7月7日

店を貸し切りにして開かれた講座=横浜市中区で(れおん提供)

 猫の癒やし効果で発想も柔軟に?−。横浜市中区の猫カフェが、会議用などに店を貸し切りにするサービスを実施している。企業が利用するなど評判を呼んでいるといい、「猫の飼い方講座などにも使える。ぜひ利用を」と訴える。

 店は、同区石川町の「れおん」。同区桜木町と東京都大田区の系列店と合わせ、一月に貸し切りを始めた。料金は一時間一万五千円(飲み物代別)で、約八十平方メートルの室内にスクリーンとプロジェクターなどを用意。猫がのんびり寝ていたり、膝の上に乗ってきたりし、リラックスした雰囲気で話ができる。

 予約や広報などの窓口になっている加瀬倉庫(横浜市港北区)の担当者は「いつもと違った空間で会議をすることで、自由な発想が出てくる」と話す。

 貸し切りにはもう一つ狙いがある。れおんは殺処分を減らそうと二〇一三年から、保護された猫を預かり、店で飼うようにした。客が気に入り、一定の条件が合えば引き取ってもらう仕組みで、川崎市川崎区と鎌倉市の店舗を合わせた五店で約千百匹の新たな飼い主を見つけてきた。

 貸し切りで注目が集まれば、そうしたケースも増えると予想される。オーナーの後藤靖雄さん(44)は「譲渡会では、慣れない環境で緊張している猫が多い。ここならリラックスした状態ですごしているので、後から『やっぱり合わなかった』という問題も起きにくい」と語った。

 問い合わせは加瀬倉庫=電045(478)4758=へ。 (鈴木弘人)

 

この記事を印刷する