XMenu

健康維持へ「ツボ入門」 川崎「みた・まちもりカフェ」であすから講座

神奈川

2018年6月26日

太極拳などのポーズを決める塩沢さん(左)と川上さん=多摩区で

 川崎市多摩区に地域住民の集いの場「みた・まちもりカフェ」(三田1の13)がオープンして5年。住民らが得意分野を生かして講座を開く中、出会った鍼灸(しんきゅう)師と太極拳講師が27日から、健康を維持するための「ツボ入門」を始めることになり、参加者を募っている。 (小形佳奈)

 カフェは、近くにある「西三田団地」に住む太極拳講師の塩沢和美さん(58)が二〇一三年、地域活動の仲間と開いた。住民が気軽にお茶を飲んだり、おしゃべりしたりする場を設けたいとの考えからだ。

 絵手紙やマージャン、英会話などの講座が日替わりで開かれ、塩沢さんも太極拳を教える。「太極拳には、気の流れを良くする効果もあり、気の通り道にあるツボを深く知りたくなって」と塩沢さん。近くで鍼灸院を開き、カフェでも体験教室を開く鍼灸師の川上香さん(57)に教えを請うた。

 二人で話すうち「鍼灸も太極拳も東洋医学の考え方で、健康を取り戻すのは同じ」と意気投合。川上さんが気の流れやツボについて講義し、塩沢さんが気の流れを良くする太極拳の動きを教える講座を開くことにした。川上さんは「県が掲げる『未病』の考えにも通じる。最低限の健康は自分で維持してほしい」と話す。

 ツボ入門の初回は二十七日。以降、八月をのぞく原則毎月第四水曜日の午前十時〜十一時十五分に開く。参加費千円。カフェは小田急線生田駅から徒歩十分。問い合わせは、みた・まちもりカフェ=電080(8492)3676(平日午前十時〜午後四時)=へ。

 

この記事を印刷する