XMenu

「W杯で優勝目指したい」 女子野球の日本代表 出口主将

神奈川

2018年6月12日

服部市長(右)にワールドカップでの健闘を誓う出口選手=茅ケ崎市役所で

 八月二十二〜三十一日に米フロリダ州で開かれる女子野球ワールドカップ(W杯)に、日本代表の主将として内野手で出場する出口彩香選手(25)が十一日、出身地の茅ケ崎市役所を訪れた。

 服部信明市長に「いい結果を残して女子野球の認知度を高めたい」と抱負を述べ、服部市長は「チーム一丸となって素晴らしい成績を」と激励した。

 W杯には米国やカナダ、豪州など十二カ国・地域が参加し、日本は六連覇が懸かる。二〇一二年、一四年に続き三回目のW杯出場となる出口選手は「チームをまとめる主将に選ばれて緊張する。若い選手に夢を与えられるよう優勝を目指したい」と話した。(布施谷航)

 

この記事を印刷する