XMenu

ハナショウブ 初夏彩る2800株 生田緑地で見ごろ

神奈川

2018年6月1日

ハナショウブが見ごろを迎えた生田緑地のしょうぶ園=川崎市多摩区で

 川崎市多摩区の生田緑地にあるしょうぶ園でハナショウブが咲き、見ごろを迎えている。

 紫や白、黄色のハナショウブが約2800株ある。同緑地の東口ビジターセンターの広報担当は「今年は花が咲くのが2週間ほど早く、今が見ごろ。つぼみもあるので来週いっぱいは楽しめそうです」と話している。

 31日は時折、小雨が降り、梅雨空を思わせるような天候となったが、来場者は、カメラを手に池の周りを歩いて熱心に写真を撮っていた。

 同区生田の主婦落合由紀さん(75)は、友人の藤田好子さん(71)と一緒に訪れた。落合さんは「昭和43年からこの近くに住んでいるので、50年も通っています」と話し「生田緑地は四季折々にいろいろな花が咲きますが、ハナショウブを見るのが楽しみ。梅雨の時期だから、この色が映える。こんなにきれいな花が咲いていることをたくさんの人に知ってほしい」と笑みを浮かべていた。

 問い合わせは同センター=電044(933)2300=へ。 (安田栄治)

 

この記事を印刷する