XMenu

高橋キヨ子が「ご当地」磯節 14日、横浜で公演

伝統芸能

2018年9月7日

 ベテラン民謡歌手の高橋キヨ子が十四日午後六時半から、横浜市中区の横浜にぎわい座で、「民謡のこころ〜磯節をうたう」と題した公演を開く。

 横浜市出身の高橋は八歳から民謡を習い始め、十五歳でデビュー。艶のある華やかな歌声でファンも多い。

 公演では「磯節」にスポットを当て、有名な茨城の磯節のほか、長崎・五島磯節、島根・隠岐島の隠岐磯節、岩手・南部磯節のほか、茨城の新磯節も披露する。

 三味線は竹井久雄社中、尺八は米谷幸太、太鼓は美波駒和美。ゲストに漫才のホンキートンク。

 横浜にぎわい座=(電)045・231・2515。

 

この記事を印刷する