XMenu

<知りたいコトバ 知っている?言葉>さいこん

NIE

2017年12月19日

 歌手森高千里さんのヒット曲「渡良瀬橋」に登場する八雲神社(栃木県足利市)が再建されたというニュースをテレビで見た同僚が、「『再建』を『さいこん』と読んだので、びっくりして辞書を引いちゃいました」と話してくれました。

 私も調べました。手元の小型辞典で「再建(さいこん)」は「神社仏閣などの建物を再び造ること」、中型辞典にそれに加えて「『こん』は呉音」とあります。

 普段、私たちは漢字の音読みの種類をあまり意識しませんが、「呉音」「漢音」「唐音」があり、伝わった時代などで区別しています。呉音は仏教関係でよく使われたこともあって八雲神社は「さいこん」なのでしょう。

 そういえば「建立」も「こんりゅう」「けんりつ」二通りの読み方があります。前者は寺院などを、後者は寺院などに限らず、造ることです。ただ「建立」は寺を造る「こんりゅう」のイメージが強すぎて、記事に「ビルを『建立』」とあったら「建設」くらいに書き換えてもらう方がよさそうです。 (佐藤京次)

 

この記事を印刷する