XMenu

<新聞で新聞を作る>「第14回新聞切り抜き作品コンクール」より 中学生の部・優秀賞 東京・工学院大付属中学校

NIE

2017年12月12日

 紙面を上下に貫く大見出しが最大の特徴。スポーツ、文化、政治などの世界で活躍する女性にスポットを当てつつ、応援する前向きな作品だ。

 「ステキ女子三ケ条」について「第一条 意思を積極的にあらわす」、「第二条 プレッシャーにうち勝て」、「第三条 何かに熱心になること」と大きく記した。記事を読み込み、活躍する女性に共通している点を探し出したようだ。

 スポーツではテニスの大坂なおみ選手、バドミントンの高橋・松友組らを取りあげ、「(彼女たちに)共通するのは一度しかない大舞台でプレッシャーに勝ち成果を出しているところ」と分析。政治では蓮舫民進党代表(当時)らに注目、「政界は男性が多いが(意思を積極的に表し)必死に日本を良くしようと立ち向かっていく姿に感動した」と書いた。

 三年(昨年度)の磯貝なつみさん、内田寧音(ねね)さんは「積極的に社会に進出するステキな女性たちに感激しました。私たちも大人になったら何らかの形で世界に進出していきたいと思います」とまとめた。

     ◇

 東京新聞・第十五回新聞切り抜き作品コンクールの作品を募集しています。関東の小・中・高校生が対象で、締め切りは来年一月十四日です。詳しくは東京新聞のホームページ(教育)をご覧ください。
 

この記事を印刷する