<知りたいコトバ 知っている?言葉>埃及(エジプト)

NIE

2017年4月18日

 今月一日の「ドイツに独の当て字やめて」の記事は本紙校閲部のツイッターに賛否多数の意見が寄せられました。言葉や漢字に多くの人が関心を寄せていることを、あらためて実感しました。

 国名の一字表記は、同じ文字を用いないようにするなど難しい面があります。新聞では、よく知られている国以外は見出しを含め使わないようにしています。

 「日秘友好…」という言葉が出てきたとき、私も「秘」がペルーだと初めて知りました。ある商社の部署に「欧阿総局」とあり「欧亜総局」の間違いかと調べたら「阿」はアフリカの「ア」でした。

 かつて所属していた部署で短期アルバイトを採用する際、仕事上の関係から地名、人名の読み方テストをしました。その中で「埃及(エジプト)」は四十一人のうち正解は、たった一人でした。

 「厳島(いつくしま)」や「福生(ふっさ)」は九割以上の成績だったので、いかになじみが薄いのか分かりました。新聞記事でも引用などで、こうした漢字表記が出たときは説明をつけないといけません。 (高田照二)

 

この記事を印刷する