<知りたいコトバ 知っている?言葉>忖度

NIE

2017年4月11日

 にわかに注目された「忖度(そんたく)」。「言われなくとも、するべきことをする」という点では、悪いことだとは私は思いませんでした。忖度は日本人の得意技です。

 言葉としての「忖度」も、さほど特殊な存在とは思えません。職場では普通、「指示される前に動け」と言われます。若い世代は「空気を読めよ」と言い換えます。

 そんな「忖度」が、急にスポットライトを浴びた。面白がられつつ、あちこちで頻繁に使われている。どういうわけでしょう?

 間違った考えの権力者がいた場合、周囲が忖度して動いてしまうと、驚くほど大きな間違いが起きる。その怖さに多くの日本人が気づいたためではないでしょうか。忖度の悪いパターンです。

 教育勅語の問題点に目をつぶり、否定しない閣僚らが堂々と胸を張る昨今です。顔色をうかがう忖度を官僚たちが積み重ねたら…、取り返しがつきません。

 健全な民主主義に必要なバネが作用して「忖度」が注目されたのなら、本来は今が選挙の好機。まっとうな考えの人に議員を選び直せば済むのですから。 (東松充憲)

 

この記事を印刷する