XMenu

二松学舎大生4人 編集の現場を取材

NIB・出前講座

2016年2月16日

瀬口社会部長(右から2人目)の案内で編集局内を見学する二松学舎大の学生=東京都千代田区で

 ジャーナリストの仕事とマスメディアの現場を取材するために、二松学舎大の学生四人が十五日、東京新聞を訪問した。編集局内を見学した後、社会部の記者らと懇談した。

 訪れたのは、文学部三年の田中友大(ともひろ)さん、金津依里さん、国際政治経済学部三年の長谷川嶺志(れいじ)さん、同二年の西山愛さん。編集局各部のデスクらから仕事内容の説明を受けた後、社会部の記者らと懇談。学生からは地方紙と全国紙の編集方針の違いや新聞記者の適性など、幅広い質問があった。この日の模様は同大の広報誌「學(まなび)」に掲載される。

 

この記事を印刷する