XMenu

<芸能編>SUGIZOさん 脱原発の活動20年

親子で学ぶぅ

2018年9月7日

インタビューに答えるSUGIZOさん

 人気ロックバンドの「LUNA SEA」や「X JAPAN」のギタリストのSUGIZOさんは、原発をなくす脱(だつ)原発の活動を始めて20年がたちました。原発は、発電によって出る核(かく)のごみを処分(しょぶん)する場所が決まっていません。SUGIZOさんは共同通信のインタビューに対して「核のごみを残すのは無責任(むせきにん)だ」と話しています。

 SUGIZOさんは、戦争から逃(に)げて暮(く)らす難民(なんみん)を支援(しえん)する活動もしています。「音楽活動に社会問題を持ちこむな」との批判(ひはん)もありますが「音楽や芸術(げいじゅつ)は社会と共にある。自分が良いと思うことを誇(ほこ)りを持ってやっていく」と考えています。

 2016年3月には、中東のヨルダンにあるシリア人が生活する難民キャンプを訪問(ほうもん)しました。自分の曲などを演奏(えんそう)すると、子どもや女性(じょせい)が満面の笑(え)みを見せたそうです。

 

この記事を印刷する