XMenu

<科学編>宇宙で活躍 金井さん、無事地球に

親子で学ぶぅ

2018年6月8日

ソユーズ宇宙船で地球に帰ってきた金井宣茂さん=3日(共同)

 国際宇宙(こくさいうちゅう)ステーションに5カ月半もいた日本の宇宙飛行士、金井宣茂(かないのりしげ)さんが3日、ロシアのソユーズ宇宙船で地球に帰ってきました。着陸はまるで、ジェットコースターに乗っているみたいだったそうです。

 金井さんは元気で「これから誰(だれ)もが宇宙に行く時代が来ます。その先駆(さきが)けとしての仕事で貢献(こうけん)できて幸運でした。ずっと宇宙食だったので、白いご飯とおみそ汁(しる)を食べたい」と話しました。

 重力のない宇宙にずっといたせいで体が弱くなっていて、しばらくは訓練が必要です。

 金井さんは宇宙飛行士になる前は自衛隊(じえいたい)の医者でした。国際宇宙ステーションでは、新しい薬を作るのにつながるかもしれない実験に取り組んだり、宇宙に出て仕事をする船外作業をしたりして大活躍(だいかつやく)しました。

 

この記事を印刷する