XMenu

GDP改定値、年3%増 4〜6月上方修正 設備投資好調

経済

2018年9月10日 夕刊

 内閣府が十日発表した二〇一八年四〜六月期の国内総生産(GDP、季節調整値)改定値は、物価変動を除く実質で前期比0・7%増、このペースが一年続くと仮定した年率換算で3・0%増だった。企業の設備投資が盛んだったことを受け、速報値の年率1・9%増から上方修正された。景気実感に近いとされる名目GDPは前期比0・7%増、年率2・8%増だった。

 実質の年率成長率が3%以上になったのは一六年一〜三月期以来、二年三カ月ぶり。内需の伸びが全体を押し上げた。そのうち、企業の設備投資は運輸業や製造業など幅広い業種で堅調。四半期では速報値の1・3%増から3・1%増へと上方修正された。設備投資の伸びが3%台に乗るのは一五年一〜三月期以来。GDPの約六割を占める個人消費は0・7%増で、速報値と変わらなかった。

 七〜九月期のGDPは、西日本を中心に大きな被害をもたらした豪雨や、震度7を記録した北海道の地震などの影響が出て成長が鈍る可能性がある。 (生島章弘)

 

この記事を印刷する