XMenu

スルガ銀 第三者委報告書 予定遅れ来月7日に

経済

2018年8月31日 朝刊

 スルガ銀行は三十日、シェアハウス投資への不適切融資問題を巡り、外部弁護士で構成する第三者委員会の調査報告書を九月七日に受領すると発表した。当初予定していた八月末から一週間遅れる。調査は継続中で、受領後は速やかに開示すると説明している。

 これまでの第三者委の調べでは、営業部門の責任者だった元専務執行役員が主導し、審査書類の改ざんや二重の売買契約書などに基づく融資を拡大した。企業統治が機能不全に陥り、多額の損失を招いたことも明らかになった。

 金融庁は今春からスルガ銀の検査に入り、九月以降に一部業務停止命令を出す方向で検討中。創業家の岡野光喜会長や米山明広社長ら代表権を持つ取締役三人全員が、引責辞任の意向を固める事態に追い込まれた。

 

この記事を印刷する