XMenu

プラ製ストローをイケア、販売も中止 20年までに

経済

2018年8月29日 夕刊

 イケア・ジャパン(千葉県船橋市)は二十九日、二〇二〇年までにストローやごみ袋など使い捨てのプラスチック製品の販売を中止すると発表した。プラスチックごみによる海洋汚染が深刻化する中、環境保護の取り組みを強化する。ヘレン・フォン・ライス社長が同日、東京都内で行った事業説明会で明らかにした。

 欧州のイケア本社の決定を受けた措置。イケア・ジャパンは使い捨てのプラスチック製ストローやごみ袋、フリーザーバッグなどを販売しているが、すでに製造は中止しているという。在庫を売り切り次第、販売を終了する。

 

この記事を印刷する