XMenu

新型アイボ ソニー、米で発売へ

経済

2018年8月24日 夕刊

 【ニューヨーク=共同】ソニーは二十三日、人工知能(AI)を搭載した家庭用犬型ロボット「aibo(アイボ)」を米国で発売すると発表した。ソニーはアイボを約十二年ぶりに復活させ、日本で一月に発売し、人気を集めている。新型アイボの海外販売は初めて。

 九月から購入の受け付けを始める。価格は三年間の通信プラン込みで二千八百九十九ドル(約三十二万円)。八月二十四日から十月十四日までニューヨークの同社施設で展示する。旧型アイボは米国で二〇〇六年まで販売していた。

 米紙ワシントン・ポスト電子版は二十三日、ソニーはかつて米アップルのような家電の王様だったと指摘し、「アイボの再生は、ソニーのブランドを生き返らせるチャンスでもある」と伝えた。ソニーの平井一夫会長は一月に米家電見本市「CES」で「日本のみならず、海外でも展開したい」と述べていた。

 

この記事を印刷する