XMenu

メルカリに「甲子園の土」 出品相次ぐ本物か不明

経済

2018年8月17日 朝刊

「メルカリ」に出品され、購入された「甲子園の土」の画面

 個人間で品物を売買するフリーマーケットアプリ「メルカリ」に、「甲子園の土」の出品が相次いでいることが16日、分かった。高校野球の甲子園大会で敗れた球児が持ち帰る記念の品がインターネット上で売買され、物議を醸している。アプリ運営会社は「規定には違反しておらず、出品は禁止していない」としている。

 アプリ上では瓶などに入った黒い土が出品され、実際に1000円や3500円といった価格で購入されている。品物のコメント欄には「敗退した際に持ち帰った」「先輩から譲り受けた」など、過去の甲子園大会で手に入れたものと記載されている。運営会社は「入手した経路や時期を明示するよう出品者に促している」と説明。ただ中身が本物かどうかを確認する予定はなく、「慎重に検討した上で購入してほしい」と呼び掛けている。

 甲子園に憧れる球児が偽物を購入してしまうことも懸念されるが、全国高校野球選手権大会の大会本部は「コメントする立場にない」との見解を示した。

 

この記事を印刷する