XMenu

スーパーカブ、祝60周年 記念モデル披露

経済

2018年8月1日 夕刊

誕生60周年を記念して発売されるスーパーカブ(左)と初代モデルのC100=1日午前、東京都港区で

 ホンダは一日、東京都港区の本社で、人気の二輪車「スーパーカブ」発売六十周年を記念し、限定モデルや海外モデルなどを展示するイベントを開催した。二十四日まで。

 一九五八年に発売されたスーパーカブは、足元だけで変速できるなど使い勝手を追求した小型二輪車。これまでにシリーズとして累計一億台超が生産された。

 イベントではスーパーカブの六十周年記念モデルをお披露目。販売会社のホンダモーターサイクルジャパンの加藤千明社長はあいさつで「大衆の足としてヒトとモノの移動で社会や経済に貢献してきた」と功績を振り返り「世界中のお客さまに認められ支えられて(生産累計一億台を)達成できた」と謝意を表した。

 展示コーナーの一角では、スーパーカブと同年に発売された日清食品の即席麺「チキンラーメン」や、同年に完成した東京タワーの模型なども紹介された。

 

この記事を印刷する