XMenu

スマホ「4年縛り」 KDDIが廃止へ

経済

2018年7月27日 夕刊

 携帯電話大手KDDI(au)が、スマートフォンを四年間の分割払いで販売する「四年縛り」を廃止する方向で見直す方針であることが二十七日、分かった。購入から二年後に同じプランに再加入するとしている項目を撤廃する方針。

 四年縛りは人気機種の米アップルのiPhone(アイフォーン)などの販売促進策として携帯大手が導入している料金プラン。四年間の分割払いで購入し、契約から約二年後に新機種に買い替え、同一プランの加入継続などの条件で古い機種の残額が無料となる。

 他の携帯会社に乗り換えにくいため携帯会社間の競争を阻害し、料金高止まりの要因になっていると問題視されてきた。公正取引委員会も「消費者の選択肢を事実上奪う場合がある」との見解を示している。

 

この記事を印刷する