XMenu

世界500社 売上高番付 ウォルマート5年連続首位

経済

2018年7月21日 朝刊

 【ニューヨーク=共同】米経済誌フォーチュンが十九日発表した最新版の世界企業五百社売上高番付は、米小売り大手ウォルマートが五千三億ドル(約五十六兆二千億円)で五年連続の首位となった。トップテンには中国企業が三社入ったが、日本企業は六位のトヨタ自動車だけだった。

 中国勢は国家電網が二位、中国石油化工集団(シノペック)が三位、中国石油天然ガス集団(CNPC)が四位に入り、エネルギー関連企業が上位を占めた。

 五百社を国別で見ると首位の米国が百二十六社と前年より六社減った一方、二位の中国が前年から二社増えて百十一社、三位の日本は一社増えて五十二社だった。トヨタ以外の日本勢はホンダが三十位、日本郵政が四十五位、日産自動車が五十四位、NTTが五十五位などとなった。

 IT企業の急上昇が目立ち、前年三百九十三位の米フェイスブックが二百七十四位、前年四百六十二位の中国のアリババグループが三百位だった。

 

この記事を印刷する