XMenu

チョコ含有の重金属値を初設定 食品国際基準、日本は未定

経済

2018年7月7日 夕刊

 【ローマ=共同】食品の国際的な基準を策定する政府間組織、コーデックス委員会は2日から6日にかけて、ローマの国連食糧農業機関(FAO)本部で年次総会を開いた。総会は2日に始まり、チョコレートに含まれる重金属カドミウムの上限値を初めて設定した。

 カドミウムは多量に摂取すると腎臓障害を引き起こす恐れがあるが、日本の厚生労働省によると、国内でチョコレートに含まれるカドミウムを原因とする健康被害の報告はないという。同委員会の設定に強制力はなく、厚労省は基準値を日本で適用するかどうかは未定としている。

 チョコレートに使われるカカオ豆は土壌などからカドミウムを吸収することがあり、委員会はチョコレート1キログラム当たり0.8か0.9ミリグラムの含有量を上限とすることで合意した。

 コーデックス委員会は、欧州連合(EU)と、日本を含む188カ国が加盟している。

 

この記事を印刷する