XMenu

みずほ証券 システム復旧できず 2日間停止 サーバー設定ミスか

経済

2018年6月28日 朝刊

システム障害でオンライン取引サービスが停止し記者会見で謝罪するみずほ証券の金森常務(手前)ら=27日午後、東京都中央区の東京証券取引所で

 みずほ証券は二十七日、前日に発生したシステム障害が同日になっても復旧できず、二日間にわたってインターネットでの株式売買などの取引が停止したままとなった。二十七日夜に記者会見した金森裕三常務は、二十八日朝の復旧を目指していると説明。「事態をきわめて重く受け止め、大変な心配と迷惑をかけていることを深くおわびする」と謝罪した。(木村留美)

 今回の障害は、個人顧客向けのインターネット取引で発生した。個人が所有する約百十七万四千の口座で二十六日からネットを通じた株式などの売買ができなくなった。さらに事前に受けていた約千二百件の注文については、本来なら売買が成立していたにもかかわらず障害が原因で売買できない状態となった。

 みずほ証券によると、二十二日夕以降に受けた注文の処理が正常にできていないことが、週明け二十五日に判明。二十六日午前六時からアクセスを停止し復旧作業を進めていた。既に不具合については解消しているというが、システム障害が原因で売買できなかった取引の確認に時間がかかり、復旧に遅れが出ている。こうした売買については、成立していたはずの価格で売買する。

 原因は調査中としているが、五月に追加したサーバーの設定に人為的な誤りがあったとみている。定期的に実施している再起動処理を二十三〜二十四日に行ったところ通信障害を引き起こした。残高を確認するなどの一部サービスは二十七日夜に復旧した。

 みずほフィナンシャルグループ(FG)では、みずほ銀行が二〇〇二年四月の統合・再編時にシステム障害を引き起こしたほか、一一年三月の東日本大震災の際にも振り込み遅れなどの大規模なシステム障害を起こしてきた。金森氏は「当時の教訓は学んできたつもりだったが、不具合を起こしてしまい反省している。あらためて真因を確認し、グループ全体で受け止めていきたい」と話していた。

 

この記事を印刷する