XMenu

トランプ氏不快感「我慢しろ」 ハーレーEU向け国外生産で

経済

2018年6月26日 夕刊

 【ワシントン=白石亘】トランプ米大統領は二十五日、欧州連合(EU)による米国製品への報復関税で、製品が対象となった米二輪車メーカーのハーレーダビッドソンが生産を国外に移すとしていることに関し「ハーレーには驚いた。すべての企業で白旗を揚げたのは初めてだろう」とツイッターに投稿した。

 トランプ氏は「私は米国企業のために懸命に闘っているし、最終的にはEUへの販売で関税を払わなくてよくなるだろう」と報復関税は撤回されるとの見通しを示し「関税はハーレーの言い訳にすぎない。我慢しろ」と不快感を隠さなかった。

 EUは二十二日、米国による鉄鋼とアルミニウムの輸入制限に対抗し、米国製品二十八億ユーロ(三千六百億円)に追加関税を発動した。

 

この記事を印刷する