XMenu

メルカリ上場 初値5000円 総額6766億円 今年最大

経済

2018年6月19日 夕刊

 日米英の三カ国でフリーマーケットアプリを運営するメルカリ(東京)が十九日、東京証券取引所の新興市場マザーズに株式を上場した。初値は一株五千円、発行済み株式総数を掛け合わせた時価総額は六千七百六十六億円に達し、今年の国内上場企業で最大となった。その後も成長への期待から高値で取引され、時価総額は一時八千億円を超えた。

 メルカリはスマートフォンを使った個人間取引の新市場を開拓した有望ベンチャーで、二〇一三年の創業から五年で上場にこぎ着けた。上場に伴う新株発行により最大六百三十億円を調達する。米国事業の拡充など中長期的な成長を見据えた投資に振り向ける方針だ。

 創業者の山田進太郎会長兼最高経営責任者(CEO)が十九日夕に記者会見し、今後の事業戦略を説明する。

 今年の上場企業の時価総額(初値ベース)は、人工知能(AI)の将棋ゲームを手掛け、四月にマザーズに上場したHEROZ(ヒーローズ)の千六百三十三億円がこれまで最も大きかった。

 メルカリは、上場に先立ち証券会社を通じて個人投資家らに販売した公開価格が三千円で、これに基づく時価総額は四千五十九億円だった。上場後に市場の需給で決まった初値は公開価格を大きく上回り、一時六千円まで上昇して値幅制限の上限となるストップ高に達するなど、投資家の期待の高さを映し出した。

 時価総額は会員制交流サイト(SNS)などを手掛けるミクシィを抜いてマザーズで最大の規模となった。

 メルカリは洋服や雑貨などさまざまな品物を、スマホを使って個人同士で手軽に売買できるアプリを提供している。日米英でこれまでに計一億回以上ダウンロードされ、利用者による年間売買総額は三千億円を超える水準に急成長した。

 一七年六月期連結決算は売上高が二百二十億円、純損益は四十二億円の赤字だった。

 

この記事を印刷する