XMenu

3カ月ぶり貿易赤字 5月、5783億円

経済

2018年6月18日 夕刊

 財務省が十八日発表した五月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は五千七百八十三億円の赤字だった。赤字は三カ月ぶり。輸出は自動車や半導体製造装置が伸びて高水準だったが、原油高などで輸入が五月として過去最高額を記録したことが響いた。

 輸出は前年同月比8・1%増の六兆三千二百三十三億円。十八カ月連続で前年を上回り、五月として過去三番目の多さだった。トランプ政権が輸入制限に踏み切った鉄鋼の対米輸出は数量が減ったが、金額では18・6%増となり、財務省は「月ごとの振れ幅が大きく、輸入制限の影響が出たかは分からない」としている。

 輸入は14・0%増の六兆九千十六億円。このうち原油が28・6%増だったほか米国の航空機、医薬品などが押し上げた。

 国・地域別では、米国との貿易収支の黒字額が17・3%減の三千四百七億円となり、二カ月ぶりに前年を下回った。対欧州連合(EU)の貿易収支は千二百三十八億円の赤字、対中国は二千八百二億円の赤字だった。

 

この記事を印刷する