XMenu

【経済】

 週明け23日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は、史上初めて15営業日連続の上昇を記録した。終値は前週末比239円01銭高の2万1696円65銭で約21年3カ月ぶりの高水準だった。衆院選で与党が勝利し、円安株高路線の安定政権が続くと評価された。企業業績の拡…(10月23日 17:21) [→記事全文へ]

[写真]

 東京都内の株価ボード=23日(AP=共同)

 

紙面からのニュース

 週明け二十三日の東京株式市場は衆院選の与党勝利を好感し、日経平均株価(225種)が続伸した。今後も政権が安定し、日銀の金融緩和を通じて円安株高を促してきたアベノミクスが継続すると見込んだ買い注文が入った。(10月23日 夕刊) [→記事全文へ]