XMenu

新国立競技場 面積減 開閉屋根は設置

ニュース

2013年11月26日

2020年東京五輪のメーンスタジアムとなる国立競技場の改築についてJSCが開いた有識者会議=26日午前、東京都港区で

 二〇二〇年東京五輪でメーン会場となる新国立競技場の建設計画で、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は二十六日、延べ床面積を当初から二割強減らし約二十二万五千平方メートルに見直すことを決めた。コスト面などで懸案になっていた全天候型対応の開閉式屋根は設置する方向でまとまった。見直し案は、計画内容を検討するため設置した諮問機関「国立競技場将来構想有識者会議」に提案、承認された。

 計画をめぐっては、建築家の槇(まき)文彦さん、作家の森まゆみさんらが「新競技場は巨大すぎて明治神宮外苑の景観を壊す」などと計画に反対している。しかし、見直し案でもロンドン五輪のメーン会場の二倍程度の特大サイズになる。外観デザインも一部を修正したが、抜本的な対策は見送られた。

 見直し案によると、総工費は千七百八十五億円。このうち本体工事費は千四百十三億円で当初予定の千三百億円を上回った。収容人数は全て固定席で八万人を維持する。槇さんらは五輪後に撤去できる仮設席の導入を求めていたが「経済的に合理的ではない」として見送った。開閉式屋根については、「コンサートなどのイベント利用を想定した場合には必要」と判断した。

 

この記事を印刷する