XMenu

<衆院選>県内で野党共闘へ 共産、2選挙区で擁立せず

千葉

2017年10月5日

 共産党県委員会は四日、立憲民主党の立候補予定者を応援するため、党公認で出馬予定だった、いずれも新人で5区の渡辺正二さん、6区の浦野真さんの二人の立候補を取り下げると発表した。野党共闘が実現する。この他、別の小選挙区でも共産は、立憲民主党との間で選挙協力に向けた協議を続けているという。

 会見で共産党県委員会の浮揚幸裕委員長は「安倍政権の暴走を止めるため、市民と協力して闘う合意をした。市民と野党が共同で今の政治を正していく」と語った。市民連合とも協議し、政策については既に合意に至っているという。

 会見に同席した浦野さんは「選挙区で自民党に勝てるのであれば、党にとっても自分にとってもメリット。(立憲民主党から出馬予定の)生方幸夫さんの当選のため頑張りたい」と強調した。

 県庁では同日、2区の樋口博康さん、13区の宮川伸さんの二新人も記者会見し、立憲民主党からの出馬に向けた決意を語った。二人は民進から出馬予定だった。希望の党には合流せず、現在、立憲民主党の公認待ちという。

 樋口さんは「安倍政権の暴走を止める思いで立ち上がる。小さな可能性だが戦い抜くしかない」、宮川さんは「中道・リベラルは国民の選択肢として重要。選挙で市民を巻き込んで戦いたい」とそれぞれ述べた。 (林容史、村上豊)

 

この記事を印刷する